BeagleBone Blackで無線LAN設定

以前,BeagleBone BlackにUbuntuをインストールしましたが,有線のLANポートにケーブルを繋ぐ以外にネットワークに接続する手段がありませんでした.今回は,BeagleBone Blackに無線LANアダプタを接続し,無線でインターネットに接続できるようにします.

今回使用したのは以下の無線LANアダプタです.
I-O DATA IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps(規格値) 無線LANアダプター WN-G300UA
これは,基本的にWindows対応となっていますが,Linuxでも使用できます.BeagleBone Blackには以下のように接続して使用しました.
wifi-adapter
ただし,この写真のようにボードのUSBポートに直接接続したときにはうまくいきましたが,USBハブを介して接続するとうまくいきませんでした.
I/Oポートが多いのがBeagleBone Blackの強みですが,USBポートが1つしかないのはやはり不便ですね.

さて,無線でインターネットに接続するにはBeagleBone Blackで設定が必要です.
ネットワーク関連の設定は,以下のディレクトリにあるinterfacesというテキストファイルで設定します.

/etc/network/interfaces
無線LANを設定するには,interfaces内に,以下の記述を書き加えてください.テキストエディタは何でも大丈夫です.私はVimで編集しました.

wpa-ssidのところには,接続したいルーターのSSIDを記述してください.ダブルコーテーション(“)も必要です.
wpa-pskのところには,ルーターの暗号化キーを記述してください.こちらはダブルコーテーションは不要です.

上の記述を追加してから,

sudo ifup wlan0
というコマンドを実行し,上記で設定した無線LANを有効化します.その後,BeagleBone Blackを再起動してpingなどで確認すれば,ネットワークに接続できていることが確認できるはずです.

・参考ページ
BeagleBone Blackの初期設定